下水道維持管理

長年にわたる技術の蓄積と多種多様な車両・機材により、清掃・調査・補修まで一貫した対応をさせて頂きます。
また、経験豊富なスタッフによって確実で安全な作業を実施し、市民の皆様の快適で健康的な生活を支えていきたいと考えております。

下水管清掃

強力吸引車と高圧洗浄車によって管渠内の土砂・油脂・異物(木の根、ゴミ等)を取り除きます。

管路調査工

管内をカメラで撮影し、不良箇所の有無を調べます。また、補修作業後の補修状況の確認にも使用します。

<作業工程> 1.管内洗浄 2.TVカメラ調査 3.報告書作成

止水工(部分補修)

パッカースリーブを補修箇所に移動させ、TVカメラで作業を確認しながら薬液を注入し漏水を止水します。
止水完了管内残留ゲルを洗浄除去し作業を完了します。

<作業工程> 1.管内洗浄 2.TVカメラ調査 3.補修機のセット 4.薬液の注入・硬化 5.止水完了 6.管内清掃 7.TVカメラによる確認

<特 長>

  • 低粘度の液状材料の為、浸透性が高い
  • 状況に応じて固化時間のコントロールが可能
  • 管内残留ゲルの除去が容易

内面補修工(部分補修)

非開削工法でガラスクロスと不織布に熱硬化性樹脂を含浸積層させた補修材を装着した専用の補修機で、既設マンホールから管渠内の補修箇所に移動させ、TVカメラで作業しながら加圧密着した後ヒーターで加熱硬化させ、内面補修をする工法です。

<作業工程> 1.管内洗浄 2.TVカメラ調査 3.主剤樹脂添加剤の配合 4.補強材と熱硬化性樹脂の含浸 5.ライニング材の取り付け 6.補修機のセット 7.ライニング材の圧着・硬化 8.補修機の撤去 9.TVカメラによる確認

<特 長>

  • 加圧、加熱硬化方法による短縮時間施工(1ヶ所あたり約1時間)
  • TVカメラ付き岐管補修機で取付管口部分、本管部一体型の補修
  • 本管(可変)補修機による段差、ジョイントずれ、管ずれ、曲管等の補修
  • 取付管内補修機による取付管内の補修

管更生工(補修)

ガラス繊維のライナー(ガラスライナー)に未硬化の樹脂を含浸させ、老朽化した下水道管内部に導入します。
蒸気で硬化させ、強度のある平滑なFRPパイプで下水道管をリフォームします。

<作業工程> 1.管内洗浄 2.TVカメラ調査 3.スリップシート引き込み 4.ライナー引き込み 5.プラグ装着 6.加熱硬化 7.冷却 8.インナーフォイル除去 9.取付管口穿孔 10.管口仕上 11.TVカメラによる確認

<特 長>

  • 施工に要する設備が少なく、ランニング行程の標準道路占有作業帯が少ない

穿孔・除去作業(補修)

下水管に侵入した根やコンクリート等の障害物を、特殊なカッターやアタッチメントで振動を与えて取り除きます。

<作業工程> 1.管内洗浄通線(場合による) 2.高圧洗浄 3.穿孔ロボット作業 4.TVカメラによる確認

加盟協会